ASKA 非公式ファンサイト

PRIDE

80年代最後のアルバムは奇跡の名盤になった。

CHAGE曲も含めて外れなし。チャゲアスの代表曲と評価される「LOVE SONG」「PRIDE」「WALK」が収録されている。

80年代後半は声もシャープで最高(今作発売後のイギリス滞在でASKAは喉を痛めたとされている)。

テレビ番組「奇跡体験アンビリーバボー」では、白血病の少女がPRIDEを毎日聴き続けたら奇跡的に病気が治ったという。もしかしたらそんなこともあるんじゃないかと思わせるくらい、驚異的な才能がほとばしった一枚。

とは言ってもこのアルバムはそんなに売れたわけではない。チャゲアスにとって80年代は本当に不思議な時代で、シングルのLOVE SONGとWALKはそれぞれ3万枚ほどしか売れていない。売れないのに最高の曲を作っている、不思議なミュージシャンだったのだ。この翌年から急に売れ始める。

 

 

LOVE SONG

 

PRIDE

 

HOTEL

 

天気予報の恋人

 

WALK

‹‹一覧に戻る