ASKA 非公式ファンサイト

PRIDE

収録曲

 

デビュー10周年の記念日に発売された2枚組(2枚目は過去の名曲のリメイクを4曲)。80年『熱風』以来の1位を獲得している。
『LOVE SONG』『PRIDE』『WALK』と代表曲レベルの曲が3曲も入っている。CHAGE曲も含め他の曲もハズレは一切ない、奇跡の名盤。ポップスの極みに到達している。

 

証明する資料も少ないのであまり声高には言わないが、私の密かな自説に
89年チャゲアス最強説
というのがある。このアルバムもそうだし、ライブビデオやテレビ出演の映像を見ていると2人がやけに神々しいというか、異常にカッコいいのだ。ASKAの声もこの頃が絶頂だったように思う。Disc2の『MOONLIGHT BLUES』のネットリ感は極上。90年代も声はいいけど、この頃に比べると若干モッサリしてくる。90年、イギリスのライブハウスで無理して喉を痛めたという説もある。

 

ASKAの良さもさることながら、私はこのアルバムのCHAGE曲が好きだ。マイナー路線で軽みを極め、CHAGEのボーカルやメロディのマニアックさが爆発し、アルバムに豊潤な厚みを持たせることに成功している。ちなみに同じ89年のMULTI MAXデビューアルバム『HEAVEN』も似たようなマイナー路線の名盤。

 

 


この曲はSAY YES、YAH YAH YAHに次いで大衆に愛された曲ではなかろうか。『SUPER BEST Ⅱ』でこれをリピートしまくった人は多いはずだ。

 

 


ファンの間では不動の人気NO.1。

 

 


ASKAのお気に入りの一曲らしく、SAYとYAH以外ではライブで最も歌われた曲だろう。

 

(2018/01/06)

‹‹一覧に戻る