ASKA 非公式ファンサイト

夫婦岩(2019/09/30)

 

https://www.fellows.tokyo/blog/?id=1668

 

個人的に糸島とゆかりがあるので、今回は地理の解説としゃれこもうではないか。例によって暇人による暇人のための文章なので、好事家のみお進みください。

 

糸島というのは福岡市から1時間ほど北上したとこの半島。

 

 

形が神秘的で妙に惹かれるものがあり、昔デスクトップの背景にしていたこともある。

 

2年前だったか長いGWに家族旅行で初めて訪れた。ASKAが紹介する夫婦岩(めおといわ)のとこの駐車場も止まったなぁ。投宿した古~い民宿は全室オーシャンビュー、というか磨りガラスの引き戸を出たら即、海だった。夜は魚料理がおいしくて・・・ 料理を運ぶ若おかみが、磯の香りがして妖艶だったことは、ここだけの話である。

 

糸島は三重県の伊勢と地名がかぶる土地が多いことに、車で走っていて気がついた。その理由はすぐにわかった。というのも、先述の通り「夫婦岩」があるのだ。これは現地で知ってビックリだった。私はかの名高い伊勢二見の夫婦岩および二見興玉(ふたみおきたま)神社が大好きで、数え切れないくらい行っているのだ。

 

(二見興玉神社)

 

ちなみに50年くらい前は日本中の中学高校で、修学旅行と言えば二見の夫婦岩だったらしい。糸島にある地名は、おかげ参りが流行った江戸時代に伊勢から引っ張ってきたとか、そんなところではなかろうか。夫婦岩って他では聞いた記憶がない。形象・地名を含めて御神威を勧請するのは珍しいケースと思われる。

 

地名に関して、似たようなことは徳島県でも体験したことがある。剣山に登ったあとヒッチハイクさせてもらった車で西麓の山中を降っていると、和歌山県の熊野古道近辺と同じ地名が多いことに気がついた。ここは具体的な根拠が見つからなかったが、確かにオーラはいっしょだ、と自分を納得させた思い出がある笑 今思えば、平家落人が共通項かもしれない。落人伝説って日本中にあるけど、ほんとに密やかなところに住んでたんだよね・・・ しかもどこも風光明媚で感動する。ちなみに剣山周辺はユダヤの聖櫃が眠っているだとか「くりしど神社」はキリストを祀っているとか噂されるなど、なかなか香ばしい地域でもある。ヒッチハイクさせてくれたカップルも2人揃ってオカルトマニアだった。いきおい車内は奇妙な盛り上がりを見せた(苦笑)

 

余談だが二見の夫婦岩の隣にある伊勢シーパラダイスは超絶オススメである。ここのセイウチショーほど万人を笑顔にしてくれるエンターテイメントを、私は他に知らない。巨大でキモかわいいセイウチに触ったり記念撮影できるのはもちろんのこと、選ばれればビンタもしてもらえる。セイウチと私たちを仕切る柵はなく、近すぎて私はヨチヨチ歩きするセイウチに足を踏まれた。楽しすぎて我を忘れ、ヨダレを垂らしてしまったのは恥ずかしい思い出である。伊勢にお出かけの際は、足を伸ばされることをオススメする。

 

ちなみにセクシーすぎて市の公認取り消しの憂き目にあったゆるキャラ「碧志摩メグ」はこちら。

 

 

***

 

私は福岡と縁があり、遠い割には10回以上訪れている。私は19の頃より旅キチガイなのだが性根がケチなので、あまり遠出はしない。従って九州と東北はあまり行っていない。福岡だけが特別なのだ。それでいて不思議なことに、福岡のことめちゃくちゃ好きってわけでもないんさな・・・赤間と折尾に知人がいて泊めてもらったり、出張で行ったり。これを縁と呼ぼう。今のマンションの上階のおじさんが赤間出身とわかり、驚いたのは最近の話。

 

船旅が好きなので福岡へは半分くらいは船で行っている。大阪便は船中泊なので、家族で行けば俄然盛り上がる。大阪から門司港に行くのはもちろん、ヒマな学生時代にはソウルからわざわざプサンに移動して船で博多港に帰国したこともあったな笑 別の機会には博多港から五島列島に浮かぶ秘密のリゾート島に渡ったこともあった。そんなこんなで、私にとっては福岡は海のイメージが強い。博多にはあまり寄りつかず糸島、志賀島(金印が出たとこ)、宗像大社、門司などで遊んでいるし。「海洋国家・筑紫の国」といったイメージ。

 

福岡県で一番楽しかったのは小倉郊外にある平尾台洞窟。観光洞窟なのに途中で膝まで浸かる川を渡らされたり、かなりスリルがあった。門司港もオシャレだし、めかり公園から眺める関門海峡はスーパー絶景。ちょろっと海峡を渡って下関を散策するのもいい。そして意外とおいしいのが、うどんである。平尾台に行った際、途中で食べたうどんはめちゃくちゃうまかった。伊勢うどんと同じく、福岡のうどんはコシのないホワホワの麺なのだ。

 

私は旅行で都市に行かないので、福岡市内はあまりよく知らない。札幌とか名古屋とか博多とか、都会で1日を消化するのはもったいないと思うのだよなぁ。広島市に行ったことがないけど庄原市には行ったことがあるというのは、倒錯が過ぎるだろうか。

よく東京観光で新宿や渋谷に行くと思うけど、新宿区に住んでいた身からすると、それで楽しめるのか他人事ながら心配になる。中野のほうが東京を感じね!?少なくともショッピングやグルメに興味のない私には、新宿を楽しむのはじつに難しい。何年も住んだけれど、キラキラしたメインストリームが苦手な私はせいぜい「岐阜屋」や「はやしやレストラン」といった日陰のお店で(失礼?)安酒をあおることしかできなかった。どこに行けばいいのか皆目わからんのだ。

したがって博多でもとんこつラーメンの店など知らないが(とんこつ食いたけりゃ地元の一風堂に行くので)、小倉のレトロな商店街にある「元祖焼うどん」はムダに知っている。特別おいしくもなく、友達と無言で食べた思い出、笑。小倉の元気あふれる雰囲気が好きだなぁ。スナックで飲んでいるとヤーさんの抗争が始まるらしいけど

 

博多で唯一なじみといえば、藤崎駅となりにある神社へお参りに行く。福岡県周辺に行った際は必ず、這ってでも行くmy崇敬神社がある。

 

(2019/10/02)

‹‹一覧に戻る