ASKA 非公式ファンサイト

もうすぐだ

https://www.fellows.tokyo/blog/?id=1196

 

いよいよASKAの復帰コンサートが今月のこととなった。皆さま心待ちのことと思う。私は12月の某所に参加する。

シンフォニックなので「どんな曲をやるんだろう」という期待感が強い。というのも普通のツアーのセットリストは予測不能すぎるので想像することすら放棄してしまうのだが、今回は「代表曲を並べる」と本人が言っているので、想像してしまうわけだ。きっと皆さまも想像がパンパンに膨らんでいることだろう。

以前に「チャゲアス曲をやるかやらないかに注目」ということを指摘したが、どうやら惜しみなくやる方向らしい。これはシンフォニック的には花マルの判断ではなかろうか。スケール感ありオーケストラが合いそうな曲がいっぱいあるから。代表曲でオーケストラが合いそうな壮大な曲といえば

 

太陽と埃の中で

BIG TREE

RED HILL

On Your Mark

 

とかなわけでしょう。豪華すぎる。

 

 

その他に新たにチェックポイントを追加してみよう。

 

まず

YAH YAH YAHは歌うのか

文字通り代表曲なわけだが、CHAGEなしでCメロ(素人がカラオケでつまるとこ)やれるのか?そもそもオーケストラにこれが合うのか!?私には合わないとしか思えないのだが、お祭りムードは出るかな?このことは今回の私の最大の関心ごとである。

 

 

次に注目は

一曲目は何か

これまでのコメントから察するに、復帰ステージをASKAは湿っぽくならずにシレッと歌い上げたいようなので、一曲目は軽めのジャブですっとぼけるのではないか?というのが私の見立て。すると

SAY YES

というセンはどうだろう?軽くはない?

 

 

併せて

最後は何か

最後も意外と予測不能なのである。特にオリジナルアルバムがないときは。ツアータイトルはPRIDEだけど、これが最後になるとは限らないというか、むしろ真ん中くらいにシレッと入れてくるのが従来である。

 

 

もうひとつ気になるのは

初期の曲はどれを選ぶか

40年のキャリアから選ぶ的なことを言っていたので、初期曲もあるのだろう。オーケストラに合いそうな初期代表曲と言えば

男と女

熱い想い

MOONLIGHT BLUES

オンリーロンリー

などが思い浮かんだが、どうだろう。意外な初期曲だったら

魅惑

21世紀

TWILIGHT ZONE

なんかがオーケストラに合いそうかなぁ、とか。

 

 

で、ツアータイトルがPRIDEで、宣伝文にはSAY YESやはじまりはいつも雨と書いてあるので本当に代表曲ばかりやるのだろうが、ASKAのことだから当然意表も付いてくるわけだ。

どんな意外な曲が飛び出すのか

はここまで食らいついてきたコア(すぎる)なファンには大きな見所だろう。前回のシンフォニックでPLEASEが飛び出したのも予測不能だったが、今回はチャゲアスも含まれるのだから完全にお手上げ。まぁこのビックリがチャゲアスの醍醐味なことは言うまでもあるまい。

 

 

ということで20曲歌うとしてチャゲアスとソロが半分半分、渋い曲が仮に4曲とすると代表曲は16。まとめると以下のようになる。

 

チャゲアス代表曲8

例;

男と女

MOONLIGHT BLUES

オンリーロンリー

PRIDE

太陽と埃の中で

SAY YES

BIG TREE

On Your Mark

など

 

 

ソロ代表曲8

例;

はじまりはいつも雨

君が愛を語れ

けれど空は青

月が近づけば少しはましだろう

ID 

ONE

同じ時代を

など

 

 

渋い曲4

予測不能だが例として;

RED HILL

higher ground

草原にソファを置いて

遊星

オレンジの海

僕であるために

など

 

シンフォニックなので直球の代表曲が並んでもオー!パチパチとなるだろうし、こういったフォーマットからいかに外れてくるかが楽しみでもある。名曲が100曲くらいある歌手というのは便利ですね。

以上、妄想の翼を大きく広げるためのガイドでした

 

(2018/11/01)

‹‹一覧に戻る