ASKA 非公式ファンサイト

ASKA Official Channel

https://www.fellows.tokyo/blog/?id=1116

 

CHAGEとは面会することが叶わず、コンビ復活はまだ遠いという記事。ファンに衝撃が走った。

 

時を同じくして、YouTubeに「ASKA OFFICIAL CHANNEL」が登場した。

https://m.youtube.com/channel/UCrkEToV2jYoWlYO92nzVTNA

 

古いものも含めてASKAソロのPVとライブ映像が公開されている。古いPVはCHAGE and ASKA Official Channelから、新しいPVはBurnish Stoneから移動されている。

 

要するにASKAとCHAGEはビジネスにおいて決別し、ASKAソロの著作物の権利がCHAGE&ASKA事業体からASKA個人へ移ったということだろうか。SCENEなど旧作もASKAサイドから再販することと、自作ベストアルバムに前作ベストアルバムには収録できなかったUNIVERSAL時代の曲も入ることからも推察される。

CHAGEへラブコールを送り続けてきたASKAには、この間の交渉は相当な心労だったことだろう。

 

まぁあまり憶測で書いてもしょうがないので、この際この状況の明るい側面を考えるとしたら、以下のような可能性も指摘できる。

 

ASKAソロ作品の権利が移ったとなれば、映像も積極的に再販されるかもしれない

 

とすれば私が期待するのはこれ。

・97年IDツアーの完全収録版

・98年kicksツアーの完全収録版

 

IDツアーはWOWOWで2時間版が放送されていて、私はあらゆるチャゲアス関係のライブ映像でこれが最も好きなのである。これの完全版はまさに私の垂涎の的。伝説のkicksに至ってはそもそもVHSしかリリースされておらず、再販の優先度は高いはずである。ついでにイギリスの映像職人が施したというあの過剰な編集も取り払ってほしいところだ。No Wayで沼からASKAの頭が出てくるやつとか

奇しくもCHAGEも98年のソロライブが再販されるのである。あり得ないことではなかろう。

 

 

 

アルバムのリマスターには私は興味がないが、もしkicksがリマスターされるなら買うかもしれない。kicksは全編に音がくぐもったような処理がされていて、私はあれはいらんと思う。クリアに聴いてみたいと常々思うのである。

 

***

 

CHAGEとの関係については以前も書いた。

http://nobodybutyou.asia/archives/1574

 

体験上言えるのは、ASKAはソロもコンビも変わらないが、CHAGEはソロのほうが1万倍くらい良いということだ。CHAGEがチャゲアスに戻るという意欲は、ASKAに比べれば少ないのかもしれない。

復活が当面ないのであれば、注目すべきは

ASKAソロでチャゲアス曲を歌っていくのかどうか

であろう。ASKAはずいぶんこだわって避けて来たことであるが。私はどちらでもいいと思う。こだわりをつらぬくのもまた、麗しい話ではある。CHAGEは全然気にしてないっぽいけど笑

 

CHAGEソロに無関心な層には、ライブ音源を聴いてみることを強く推奨したい。

 

 

(2018/09/07)

‹‹一覧に戻る