ASKA 非公式ファンサイト

Mr.ASIA

収録曲

 

90年代の壮大な作風への萌芽を感じる87年の快作

94年に発売された『Yin & Yang』という企画系ベストアルバムがある。
http://www.chage-aska.net/discography/item/PCCA-00625

シングル曲はなしでアルバム曲のみ収録している。スーパーベストだけを持っている層に向けてアピールする狙いの、渋いアルバムだ。内容は90年代の曲がほとんどなのだが、その中に『Mr.ASIA』からの曲が2曲も入っている。

私も含めて当時のリスナーは、89年『PRIDE』よりさかのぼってアルバムを持っている人は少数派だったと思われる。「もしかして『Mr.ASIA』っていいんじゃないの?SAILOR MANも入ってるし」と気づいて、私の「初めての昭和チャゲアス」として購入した思い出がある。こういう人、他にもいるはずだと思う。

 

 

 

『SUPER BEST Ⅱ』でWALKより前の80年代のトラックは渋めだけど、その中ではモーニングムーンに並んでSAILOR MANが人気だった。私の友人関係でもこの曲を好きという人がいる。他にシングルでは『指環が泣いた』を収録。

 

 

 

『LONDON POWER TOWN』という小気味の良い小品は、意外と90年代のライブでも歌われている。タイトル通り、ロンドンをモチーフに作られた曲だ。フジテレビの「世界紅白」という番組に日本代表として招かれ、チャゲアスはロンドンへ渡った。ロンドンで迎えた新年の光景はとても活気があり、印象的だったそうだ。

 

曲のほうの『Mr.Asia』も世界紅白に出て感じたことをモチーフにしているという。世界紅白ではロッド・スチュアートなど世界的な大御所と共演。大いに刺激を受けたそうな。実際90年代にアジアを代表する歌手になるのだから、予言の曲と言っても過言ではない。

 

 

 

このアルバムは最後が『夏の終わり』というCHAGEのバラードで締めくくられる。この曲はCHAGE史上トップレベルの大名曲。04年の25周年記念イベント「熱風コンサート」を観に行って、私はこの曲で一番感動した。

 

(2017/12/02)

‹‹一覧に戻る