ASKA 非公式ファンサイト

松本晃彦(2017/08/23)

 

ロスと自室を繋いでレコーディングするとのこと。
ロスと聞いて思い出すのはただひとつ、松本晃彦。現在はロスに拠点を構え活動しているらしい。
松本は当初のASKAバンドのバンマス。一流プレイヤー揃いのASKAバンドの中でも、頭一つ飛び抜けて大御所である。『踊る大走査線』を始め、名の知れた映画やゲームのサントラを手がけている。
http://www.matsumotoakihiko.com/artist_info/biography.php#bio-japanese

 

 

95年のアルバム『CODE NAME 1』からレコーディングに参加し、コンサートでは97年の初めてのASKAソロツアーIDから参加している。私が崇め奉るIDツアー、98年kicksツアーのサウンドメイクにも一役買ったことだろう。また、大問題作『kicks』全曲のアレンジに松本は関わっている。99年『NO DOUBT』でも多くのASKA曲に携わっている。要するに、私の大好きな時代に大きな役割を担った御仁なのだ。

 

 

もし次回作に松本が参加するとなると、これはビッグニュースと言える。ASKAとは15年くらいブランクがあるか?久々の登場となる。往年のキャストが揃うのは心躍るものだ。

ロスという記述だけで確証は何もないけど、一応煽っておきます。

 

 

松本がらみでこんな記事もあった。

(2017/08/23)

‹‹一覧に戻る