ASKA 非公式ファンサイト

チャゲアスのインストもの

実家の屋根裏からCDが出てきた。ポール・モーリア『CHAGE&ASKAコレクション』

ポール・モーリアというのはフランス人で、イージーリスニングの帝王。この曲を知らない人はおるまい。

(ケレン味のあるこの曲はマジックショーのBGMによく使われる。私は花園神社や靖国神社に来る見世物小屋が大好きで、毎年見物してはこの曲の生演奏を何度も聴いた。これを聴けば、思い出すのはヘビ女)

 

上記のCDはポール・モーリアが手がけるチャゲアスのインスト集だ。イージーリスニングというのは要するに、スーパーで流れている安っぽい歌なしの音楽のこと。ゆえに別にこのCDは大したものではない。私は買ったことすら記憶になかった。改めて五周ほど聴いてみたが、やはり特に思い入れもない。

ただ、チャゲアスをイージーリスニング化すると何が分かるかと言うと、メロディが美しいことが分かる。ブックレットによると、ポール・モーリアは個人的にチャゲアスのメロディに惚れ込んだようで、マニアックな選曲がなされている。とりわけメロディの美しさが際立ったのが『今夜ちょっとさ』『SAY YES』『if』。

 

ポール・モーリアじゃないけど参考に。ifがこんなに美しいとは知らなかった。「記憶に残らないミリオンセラー」の呼び声高いこの曲が笑

ブックレットによればポール・モーリアはビデオ『太陽と埃の中で』を観て『SOME DAY』が気に入ったという。チョビヒゲのフランス人ミュージシャンが『太陽と埃の中で』観てるっていう事実にめまいを覚える。さらにあのくだらねぇ森進一のモノマネも観たかと思うと、衝撃・・・

 

なお、アップルミュージックにあるポール・モーリアのベスト盤でも、『SAY YES』と『YAH YAH YAH』のみだが聴ける。

 

 

 

インストにするとASKAのメロディの美しさが露わになる。私は実のところ、PRIDEとOn Your Markはあんまり好きじゃないんだけど、インストで聴くと滅茶苦茶いいと感じる。

 

これはジブリのショップで流れているのを聴いて、衝撃を受けたことがある。琴線に触れるとはまさにこれ。

 

 

PRIDEは歌詞や歌唱、アレンジの重さが際立つ曲だけど、こうしてメロディだけ切り取ってくると、猛烈な名曲であることが分かる。

 

 

アップルミュージックでチャゲアスのインストを探してみた。

 

これはSAY YESのジャズピアノバージョン。

 

 

 

これはオルゴール。

 

 

これはオーケストラなんだけど、原型をとどめていない。万里の河とか意味不明。

 

 

 

ジブリのオルゴールでOn Your Markは三作ばかりあったが、このアルバムが一番良かった。

 

 

あと、メタルバージョンのOn Your Markも意外と良い。これは歌入りのカバー。

 

 

ユーチューバーの演奏も案外ある。良かったものをセレクトして以下にご紹介。

 

(2017/05/28)

‹‹一覧に戻る