ASKA 非公式ファンサイト

もしテレビに出るならどの曲で?

もし新曲でテレビに出演するなら、どの曲を歌ってほしいか妄想してみた。
曲の傾向を考えるために、アルバム全体で分類してみる。

 

①事件の影響が感じられないもの
『東京』『X1』『通り雨』

②事件の影響が感じられるもの
上記以外

 

まずこの2種類で考えてみた。いやでも世間が注目するであろうから。
①を歌えば世間から「反省してない」「調子に乗ってる」などと言われる可能性があるので、①は除外する。『東京』は人気があるようだが、爽やかすぎて視聴者には⁇じゃないだろうか。逮捕・不起訴にからむ文脈が設定できないから、テレビ局側もいやがるかもしれない。

とすると②の中からのチョイスになる。問題は詞だ。冷たい視線を投げてくる世間、やたらに叩いてくるマスコミ、うちひしがれる自分、そして支えてくれた仲間。事件がらみのモチーフが入り乱れている。そこで、②を2種類に分類してみる。

 

ⅰ.ポジティブ
FUKUOKA、リハーサル、それでいいんだ今は、元気か自分、信じることが楽さ、未来の勲章

 

ⅱ.ネガティブ
Be Free、Too many people、という話さ、しゃぼん

 

アルバムを通して聴いていくと、事件から陰と陽の影響を受けたと知ることになる。そしてブログや『700番』の印象からすると意外なのだが、ポジティブな詞が多いのだ。やりたいことをやる、ギターが割れても歌う、みたいな。

しかしⅰを歌うと「反省してない」などとイチャモンがつきそうなので、ⅰは除外する。その点FUKUOKAは絶妙な曲だが、すでに160万再生という形でプロモーションが済んでいるので、もういいだろう。

するとⅱの4曲になる。これらを個別に分析してみよう。

 

まず『しゃぼん』。
この曲はとにかく重い。ポジティブな曲とも解釈できるが、全体的な重さが私にネガティブと感じさせる。メロディからはみ出す字あまりの歌詞と、ノドで吼えるシャウト。念がこもりすぎてて視聴者に何を言われるかわからない。インパクトが大きすぎるおそれがある。一部の人の心は掴むのだろうが。保留。

Be Free
この曲、メロディは明るいが詞はかなり暗い。哀愁漂うメロディは良い意味でのインパクトがあるように思う。私はアルバムの中で一番好きだ。ただし詞の内容で『被害者ヅラするな』とか言われそう。保留。

Too many people
私はこの曲がとても気に入っている。他の曲は「事件から得た教訓を詞にまとめてみました」的な気取りをかすかに感じてしまうが、それらとは違って、ストレートの豪速球。アルバムタイトルに持ってきたのも納得させる一曲。いっそのことこれを歌うのはアリかもしれない。批判も多いだろうが、それを封じ込める「強い主観」がこの曲にはある。「こいつ、ビョーキだわ。でもそこまで言うんだし、なんかこいつなりに感じてる世界があるんだなぁ」みたいな反応がありそうな。これこそ芸術という気が、私にはする。でも「長渕みたい」と言われるのがイヤなので保留、笑

と、いう話さ
結論。テレビにはこの曲がもっともふさわしい。その最大の理由は、芸術的昇華。
アルバムのレビューにも書いたが、私は今回のアルバムは詞の面であまり満足していない。事件の影響があるのは当然なのだけど、それが未昇華で、直情的だからだ。
昇華とは何か。悲しいから「悲しい」と言ったり、奮起したいから「頑張るぞ!」と言うのは昇華ではない。例えば「悲しい」を「新しい靴を盗まれたあの日のように恋は探し疲れた顔をしながらもう歩かない」と変換するのが昇華。クッションをいっぱい挟むわけだ。そしてそれこそが飛鳥涼ではなかったか。今回のアルバムの詞は、そういう点でASKAらしくない。
そこへ来て『と、いう話さ』。この曲は見事に事件が昇華されている。まず詞が意味不明。私は散々主張してきたけれど、意味不明こそが飛鳥涼。深読みを誘発するすぐれた芸術。視聴者は歌に事件を読み取ろうとするだろう。しかし、この詞から事件を読み取るのは難しい。でも、なんとなく事件の影響が感じられるのは、詞ではなく曲が暗いからだろう。詞ではなくて曲に事件を乗せるというのは、とても高度な昇華だと私には感じられる。そこには良い意味でのカオスが存在する。「被害者ヅラ」とも「反省」とも言わせず、抽象性で聴く者を黙らせる。

そしてこれまた私が散々主張してきた「ロック路線」。私はASKAが97~99年に繰り広げたロックショーの素晴らしさを世に知らしめたくて、このサイトをやっているようなものだ。もしこの曲でテレビに出たら個人的に嬉しいし、世間にもインパクトあると思うのだけど、どうだろう。「よくわからんが、このオッサンすげーことになってるぞ、オイ」みたいな。

 

出るならこんな感じで吼えてほしい。


ASKAがブログで「と、いう話さはNowみたいな曲です」って書いてたけど、メロディそっくりじゃないか笑 まぁ私はNowの改良版だと思っている。(ちなみにこの動画、7000しか再生されてない。もったいないことだ)

 

以上、個人的な妄想でした。

(2017/02/27)

‹‹一覧に戻る